2016年08月28日

【第239回】『当たり前のことを当たり前に行うことの難しさ』

<参加者:22名>
 
本日は、夏を忘れさせる肌寒い日。
その中、初参加者8名を含む、22名で活動し、
掃除の後は、12名で月末勉強会を実施しました。
 
ここで勉強会の資料にあった「ありがとう」に関する記載を紹介します。
----------------------- 
「ありがとう」は「有ることが難い」、つまり、自分がいまここに命をいただいているのは普通ならありえないという意味
-----------------------
 
人の才能の一つに”慣れ”があります。
この才能が、”ありがたいこと”が常にあると”当たり前”と思わせます。

自然を大切にすること、今の日本をつくってくれた人に感謝すること、ゴミはゴミ箱に捨てること、など

これらは当たり前のことですが、当たり前を通りすぎて、反対に何も感じなくなってきてしまっている人が増えていると感じます。
その結果として、私たちの活動にやりがいを与えてくれています(笑)
 
初参加者の感想でも、
「思った以上にゴミが落ちていてビックリした」
とありました。

改めて、当たり前のことを当たり前に行うことの難しさ。
そして、ありがたいと思い、感謝することの大切さを実感しました。

今日も掃除できたことに感謝です。

第239回 (8).jpg第239回 (1).jpg第239回 (2).jpg第239回 (3).jpg第239回 (4).jpg第239回 (5).jpg第239回 (6).jpg第239回 (7).jpg第239回 (9).jpg第239回 (10).jpg
posted by 池袋掃除の会 | 活動記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする