2019年11月17日

第410回池袋掃除の会・第37回歴史勉強会

【第410回池袋掃除の会・第37回歴史勉強会】

『なぜ国を愛するのか』

第410回目の池袋掃除の会、無事に開催することができました。
参加者は15名で、全てリピータでした。

池袋東口を主な清掃エリアにしています。
豊島区役所と豊島公会堂跡地にできた、ハレザ池袋。
中池袋公園もリニューアルされました。

フクロウの姿も公園内に散見されました。

掃除の会の後には、遠山さんの第37回目となる歴史勉強会。
多くの学びをいただきました。

410回の清掃活動と歴史勉強会を通じて思い出した言葉を愛読する『修身教授録一日一言』の中からご紹介します。

『修身教授録一日一言』
(致知出版社刊・森信三(著)、藤尾秀昭 (編))
(参照)https://www.amazon.co.jp/dp/4884747844/
-----------------------------
【2月11日】『なぜ国を愛するのか』

われわれが日本民族の一員として、
この国土に生まれて来たということは、
無量の因縁の重なり合った結果であって、
それこそ民族の歴史に深い根ざしを持つわけであります。
したがって私達がこの国を愛するということは、
必ずしもこの日本という国が、優れた国だからということよりも、われわれにとっては、まったく抜きさしのできない
ほどの深い因縁があるからだというべきでしょう。

-----------------------------------
掃除の会の仲間と清掃活動を通じて、
いただいているご縁を深めながら、
この国で一緒に暮らしていることの有難さを
深く認識していきたいと思います。

410.jpg
posted by 池袋掃除の会 | 活動記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする