2020年01月26日

第420回池袋掃除の会・第68回致知月末勉強会

【第420回池袋掃除の会・第68回致知月末勉強会】

『つぶやき』

第420回目となる掃除の会、会無事に開催することができた。
小雨が降る中ではあったが、14名が参加してくださった。

初参加が1名。白川さん。真下さんからのご紹介でした。
また、大阪から久しぶりに清水さんが

雨も最初で止み、清掃活動には支障がありませんでした。

また、月末だったので『致知』勉強も開催。
勉強会は『致知』2020年2号特集:「心に響く言葉」
を用いて行いました。今回で68回目。

2時間の勉強会では、
『致知』2月号

・巻頭の言葉
うまし国ぞ 蜻蛉島(あきづしま)大和の国は
千 玄室(茶道裏千家前家元)

・特集「心に残る言葉」総リード

・【インタビュー】
万事働きて益と為す
鈴木啓之(牧師/人生やり直し道場理事長)

・【インタビュー】
明治の英傑が遺した言葉
岡田幹彦(日本政策研究センター主任研究員)

・【インタビュー】
暁烏 敏(あけがらす はや)の言葉が教えるもの
暁烏照夫(明達寺住職/暁烏家当主)

をそれぞれ皆で輪読し、それぞれが心に残った言葉を発表しました。

420回の清掃活動と勉強会を通じて思い出した言葉を『東井 義雄一日一言』の中からご紹介したい。

『東井 義雄一日一言』
(致知出版社刊・東井 義雄 (著), 米田 啓祐 (編集), 西村 徹 (編集))
(参照)https://www.amazon.co.jp/dp/4884747992/
-----------------------------
【5月16日】『つぶやき』

いれずみの太き腕して眠りいる友は
かあさんとつぶやけにけり

太い元気な腕にいれずみをした友だちが、
寝言と「かあさん」とつぶやいたというのだ。
この少年も「あれはわるいや奴だ」とか、
「しょうのない奴だ」と言われてきたのだろう。

眠ってしまうと、意地も何もはたらかなくなってしまう。
本来の少年にかえっていく。

すると、一番いのちの底にかくれていた、
生まれて最初に出会った方の名前がとびだしてくる。

-----------------------------------
東井義雄先生の本に紹介されていた話と、
暁烏 敏(あけがらす はや)の詩
「十億の人に十億の母あらむも
我が母にまさる母ありなむや」
全く本質的には同じあると思いました。
仲間のバックグランドを共有していきたいと思いました。

420.jpg
posted by 池袋掃除の会 | 活動記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする