2017年10月22日

第300回

第300回池袋掃除の会、台風が迫る雨の中でしたが、無事に開催することができました。

参加者は全体で13名。全てがリピーターでした。
兄弟会の『道頓堀を楽しく掃除する会』発起人の 杉本 哲也さんからもいただいていたメッセージを紹介しました。
杉本さんがいらっしゃらなかったら、 佐藤 力さんとのご縁を通じて池袋掃除の会を始めることもありませんでした。
物事を始めるには、最初があるということを改めて考える機会ともなりました。

第300回という回数も、2012年3月4日の第1回から開始して6年目になりますが、多くの方々のご縁とサポートをいただく中で続けることが出来ました。
掃除の会終了後に、懇親会も致しましたが改めて勇気をいただきました。
仲間の有り難さ、今こうして出会えたことにとても喜びを感じました。

本日の池袋掃除の会の活動を通じて、思い出された言葉を愛読する
『安岡正篤言一日一言』(致知出版社刊・安岡正泰=監修)
(参照)http://www.amazon.co.jp/dp/4884747461/
より、ご紹介したいと思います。
-----------------------------
【3月2日:進歩の源泉】
人間の進歩というものは、偉大なる発明発見でも悟りでも、
すべてインスピレーションとか感動から始まる。
ただし感動するためには、我々の心の中に感受性がなければならない。
感受性というものは、自分が充実しなければ出てこない。
放心したり、自分が自分を忘れていたら、これはあるわけがない。
----------------------------

節目を迎えて、次の第一歩を初心を忘れずに、感動感激をもって日々の仲間との交流に感謝して、池袋掃除の会という場を続けていきたいと思います。
また、この場に参加してくださっている方々に心より感謝申し上げます!

第300回池袋掃除の会


posted by 池袋掃除の会 | 活動記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月19日

第264回

本日も晴天の中、11名の有志で開催されました。
全員リピーターの皆さんでした。ありがとうございます。

昨夜の雨?で傘落ちてそうだな〜という予想通りに
11本を回収いたしました。使える物もあったので
リユースできないものかな〜といつも感じます。

清掃のあとは遠山さんの歴史の勉強会を開催しました」。
女性天皇と女系天皇の違い。日本の成り立ち。
歴史から見る日中関係等良くわかりました。
次回は3月19日10:30〜12:30です。

来週は月末の人間学の勉強会です。
勉強会からの参加も大歓迎です!
それではまた来週。

第264回
posted by 池袋掃除の会 | 活動記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月01日

第257回

参加者:19名

『年頭清警』
新年、明けましておめでとうございます。
元旦の池袋掃除の会、晴天の中で今年のスタートを切ることができました。
初参加は4名。
元旦であるにも関わらす、19名の仲間が集ったことに有り難い気持ちになりました。
堺さんは、いつもご夫婦でご参加くださいますが、本日はご家族6名でお孫さん2名も連れて来てくださいました。
プロカメラマンの赤池久人さんも年始から、エネルギー溢れるお写真も撮ってくださいました。
元旦の清掃は格別なものがありました。

愛読する『安岡正篤活学一日一言』より、
(致知出版社/ 安岡正泰(監修)
(参照)https://www.amazon.co.jp/dp/4884749863/
1月1日の言葉をご紹介します。
-----------------------------
【1月1日 年頭清警】
一 残恨(残念なこと)を一掃して気分を新たにする。
二 旧習(ふるい習慣)を一洗して生活を新たにする。
三 一善事を発願して密に行ずる。
四 特に一善書を択んで心読を続ける。
五 時務(じむ)を識(し)って自ら一燈となり一隅を照らす。
-----------------------------

掃除の最中池袋はどこも、福袋の行列ができていました。
年始にゴミ袋を持って清掃することができたこと、
これこそが幸福の福袋であるように感じました。
元旦から、清々しい朝を19名と迎えられたことを誇りに思います。
また、今年も多くの方々にこれからも邂逅させていただけると思います。
志と勇気を持って顔を見せに来てくださる方々に感謝申し上げます。
本年も何卒よろしくお願い申し上げます。

第257回
posted by 池袋掃除の会 | 活動記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月28日

【第239回】『当たり前のことを当たり前に行うことの難しさ』

<参加者:22名>
 
本日は、夏を忘れさせる肌寒い日。
その中、初参加者8名を含む、22名で活動し、
掃除の後は、12名で月末勉強会を実施しました。
 
ここで勉強会の資料にあった「ありがとう」に関する記載を紹介します。
----------------------- 
「ありがとう」は「有ることが難い」、つまり、自分がいまここに命をいただいているのは普通ならありえないという意味
-----------------------
 
人の才能の一つに”慣れ”があります。
この才能が、”ありがたいこと”が常にあると”当たり前”と思わせます。

自然を大切にすること、今の日本をつくってくれた人に感謝すること、ゴミはゴミ箱に捨てること、など

これらは当たり前のことですが、当たり前を通りすぎて、反対に何も感じなくなってきてしまっている人が増えていると感じます。
その結果として、私たちの活動にやりがいを与えてくれています(笑)
 
初参加者の感想でも、
「思った以上にゴミが落ちていてビックリした」
とありました。

改めて、当たり前のことを当たり前に行うことの難しさ。
そして、ありがたいと思い、感謝することの大切さを実感しました。

今日も掃除できたことに感謝です。

第239回 (8).jpg第239回 (1).jpg第239回 (2).jpg第239回 (3).jpg第239回 (4).jpg第239回 (5).jpg第239回 (6).jpg第239回 (7).jpg第239回 (9).jpg第239回 (10).jpg
posted by 池袋掃除の会 | 活動記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月08日

【第223回池袋掃除の会】

5月8日、GW最終日の日曜日、
強い日ざしの汗ばむほどの陽気の中で
第223回池袋掃除の会が行なわれました。

第223回 (1).jpg第223回 (2).jpg
第223回 (3).jpg
posted by 池袋掃除の会 | 活動記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする